私兵をもつ地主からの搾取 フィリピン セブ島 アロギンサン
私兵をもつ地主からの搾取 フィリピン セブ島 アロギンサン

10人の農家さんがいれば、7人は自分の土地を所有していないと言われています。

元役人、元軍人であった大地主は小作農から収穫高の5〜9割の年貢をとります。

都市からきた仲買人は不当に安く買い叩きます。

 

わたしたち(消費者)が安くいろんなものを買えるようになった背景とは。

大量生産・大量消費社会、便利な生活のなかで見えない負荷を誰かがかぶっているのでは。

いつから、どうして、どのようにこんな状況が。

歴史から、経済から、文化から、考えられる私たちとの関係。

 

フェアトレードが解決策となるかはわかりませんが

フェアトレードはこうした問題を考えるきっかけを与えてくれます。

どうして”フェア”が必要になったのか。

一緒に考えてみましょう。